パパと1歳の誕生日

初めての誕生日

1歳の誕生日は特別な日です。

準備まで結構大変でしたが、たぶん数年後にはやって良かったと思えると信じてます。

そんな誕生日にしたことをまとめてみます。

初めての誕生日会を開催しました

誕生日の週末に帰省して、1歳の誕生日会を開きました。

うちの実家でするか、料亭のようなところでするかは迷いましたが、外のお店ですることにしました。

写真はないですが、鯛の塩釜焼きまで用意するなど、結構奮発しました。

おもちを背負いました

誕生日の催しに向けて、名前入りの「一升餅」を準備しました。

一升餅を背負わせる理由は、

 一生食べ物に困らないように

 これからの一生が健やかになるように

との想いを込めるそうです。

背負わせる一升餅は意外と重くて歩けるか心配になりましたが、しっかりとした足取りで歩いてくれました。(尻餅をついて泣いてしまいましたが。。。)

このような風習は、お餅を背負わせることが目的ではなく、こどもに健やかに成長して欲しいとの想いを伝えるためにするものだと改めて感じました。

ちなみに、一升餅の背負わせるだけではなく、踏ませることもあるそうです。

将来は何になる?

誕生日の定番、選び取りもしました。

何を置くかは、定番のものからちょっと変わったものまであるみたいですが、今回は以下のものに用意しました。

・定規

 建築に強くなる。大きな家が建つ。

・六法全書

 法律家になる。(妻もパパも法学部のため)

・スプーン

 食べ物の困らなくなる。

・電卓

 そろばんの代わり。商才が豊かになる。

・ハサミ

 衣装持ちになる。

・ボールペン

 筆の代わり。文才が溢れる。

最初は、六法全書を触りましたが、スプーンをとりました!

一升餅の効果と合わせて、食べ物に困らない楽しい人生を歩んでもらいたいです。

プレゼントをもらいました

両家初めてのこどもなので、みんな可愛がってくれてます。

プレゼントもみんなからいただきました。(今回だけかも?)

パパからは、水着とスイムウェア。

妻からは、帽子。

うちの両親からは、おもちゃの木琴。

妻の両親からは、アンパンマンのブーブー。

ここまで想定内ですが、

義理兄から小さいボールと義理弟からピアノの絵本ももらいました。

どのプレゼントも、娘は大喜び。

準備や帰省やらで、結構大変でしたが、良い思い出になりました。

その他

以前のブログに書いてありますが、当日にはてがたをとりました。

本当は写真撮影をしたいのですが、タイミングが合わないので、近いうちに家族写真を撮りに行きたいと思います!

NO IMAGE