【決算】2020/12期 第1Q ブイキューブ

Web会議などのコミュニケーションサービスを提供する「ブイキューブ」が第1Q決算を発表しました。

事業概要及び決算情報

事業内容

・ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守
・企業などへのビジュアルコミュニケーションサービスの提供

決算情報(2020年12月期 第1四半期)

売上高は15億円(対前年同四半期▲9.7%)と対前年同期より減少しているが、アイスタディの売却による収益改善により営業利益は0.7億円となった。

一般的なテレワーク需要の増加による収支影響は第2四半期以降に本格化か。

Web会議需要の高まりにより新規契約数は増加。国内の市場シェアも13年連続No.1を死守。

  • 売上高:1,549百万円
  • 営業利益:70百万円
  • 経常利益:87百万円
  • 純利益:73百万円

出典:ブイキューブ(2020/12期 第1四半期決算説明資料)

業績予想と新型コロナウイルスの影響

短期では製品の納品遅延等のマイナス影響と汎用Web会議の拡大等のプラス影響が顕在化。

中長期では社会的なテレワーク需要の増加に的確に対応できるかが課題か。

業績予想は2020年3月11日発表の営業利益5億円から変更はないものの、業績予想の180%にあたる9億円を目指す。

出典:ブイキューブ(2020/12期 第1四半期決算説明資料)

投資判断

  • 高配当銘柄  ×
  • グロース銘柄 ×に限りなく近い▲
  • バリュー銘柄 ×

グロース株として2~3月に注目されていたテーマ株ではあるが、新型コロナウイルスの収束以降、テレワーク需要が社会的にどこまで伸びるか、その需要に的確に対応できるか否かが今後の成長のカギとなる。

大企業となると自社システムによるテレワークの環境構築を推進する可能性が高いのではと推察しているため、中小企業やスタートアップ企業を中心とした需要の開拓に期待したい。

ビジュアルコミュニケーションサービスは、株主総会のバーチャル化やオンライン教育の充実といった一般的なテレワーク需要以外の分野にも大きな成長余地あり。

決算説明資料はグラフの数値が未記載であったり、直接的には収益へ繋がらない「問い合わせ数の推移」などではなく、第2四半期以降の業績が期待できるような定量的なデータを確認したい。

  

個人的な備忘録としてメモ代わりに書いている内容ですので、投資判断は自己責任でお願いします。
 
NO IMAGE