2020年8月の家計簿

家計簿の前提条件

この家計簿の前提条件は以下のとおりです。
● 4人家族(妻:育休中、長女:2歳、長男:0歳)
● 家賃と保険代の一部は含まない(5万円程度)
● ほとんどの支出はパパの財布から
● 食費の一部と妻の直課分の生活費は、妻の財布から
● 目標は毎月10万円程度の貯蓄
    
妻の財布から支出されている金額は把握していませんが、凡そ10万円程度の支出はあるようです。
家計全体の支出は家計簿+15万程度が目安です。
                

8月はコロナ禍前の生活に逆戻りした1か月でした

8月も外出は極力控える生活を心掛けましたが、出費はコロナ禍前に逆戻りしてしまいました。生活のリズムは新しい生活に順応し始めた気がしますので、今後はこの生活がスタンダードになっていくことでしょう。

【2020年8月の家計簿】

食費 43,700
日用雑貨 12,000
交通費・クルマ 34,200
交際費 0
水道・光熱・通信費 19,900
こども 0
衣服 7,500
その他 32,300
合計 149,500

※ 四捨五入の関係で合計が一致しないことがある

 

食費(43,700)

今月も外食は「0」でした。

コロナ禍前と比較すると、外食は極端に減りましたが、お弁当は少し増えた気がします。

料理のレパートリーを増やすことが、コロナ禍の生活の楽しみに繋がりますので、新しいレシピにたくさん挑戦しようと思っています。

 

日用雑貨(12,000)

暑い夏を乗りきるためのグッズを諸々購入しました。

家計簿をつけ始めて、意外と大きな金額にを支出していることに気が付きました。

  

交通費・クルマ(34,200)

公共交通機関は使わず、車での外出がとても多くなりました。

駐車場代は必要経費と割り切るように心がけています。

 

交際費(0)

基本的には飲み会等には参加しないようにしています。

ただ、どうしてもという飲み会が少しずつ増えてきそうな予感がしています。。。

 

水道・光熱・通信費(19,900)

8月分の電気料金、通信料金を支払いました。

今年の夏は暑かったので、電気料金は結構な水準となりました。

 

こども(0)

消耗品費の中にも一部はこどもに関する支出がありますが、特別な支出はなかったようです。

 

衣服(7,500)

美容室の代金とと化粧品の購入代金をです。

 

その他(32,300)

ハンドミキサーとHPのサーバー代金を計上しています。

ハンドミキサーは思った以上に活躍しています。

時短家電は積極的に購入していこうと改めて思いました。

   

まとめ

オンラインショッピングを基本としながら、今月も1か月が過ぎ去りました。

コロナ禍前と比較すると、外食と懇親会は減りましたが、食費や交通費が増えましたので、家計全体でみるとそこまでの増減はないようです。

 

暮らしの最新記事4件

NO IMAGE