【定点観測】2020年5月の資産状況

コロナウイルスは依然として猛威を奮っていますが、経済活動を再開する地域も増えてきました。

金融緩和も相まって、4月に引き続き5月も穏やかな株式市場でした。

資産状況

米国株

5月も余剰資金の範囲内で淡々と積み立てていきました。

5月末の時点の株価は、取得株価から▲6%程度の水準まで戻ってきており、堅調な米国市場を実感しています。

 

銘柄 4月 5月 増減株数 前月比
VYM 1,335 1,685 +4 124%
SPYD 573 618 +2  108%
VTI 1,478 2,152 +4 146%
ABBV 168 188   111%
MO 202 195   96%
JNJ 150 149   99%
MCD 1,315 1,677 +2 128%
KO 754 934 +4 124%
CSCO 43  48   110%
V 182 195   107%
RDSB 515 426   83%
BP 51 46   91%
合計 6,785 8,310 +16 122%

原油関連銘柄は想定通りの値動きではありますが、原油価格も回復の兆しが見えつつあることを考慮すれば、少し戻りが遅い印象です。

ポートフォリオの5%程度を原油関連銘柄で構成する方針は変わりませんので、このまま堅調に米国市場全体の株価が推移するのであれば、少しずつ買い増して行こうと思います。

個別株は4月に引き続き、「KO」と「MCD」を購入しました。

本音ではグロース株に資金を集中させてみたいという想いはありますが、米国株の目利きをできる自信はありませんので、ETFや有名企業の個別株への投資を引き続き実施していこうと思います。

 

日本株

5月は「日本動物高度医療センター」を1株購入しました。

また、4月に購入した「芙蓉総合リース」を1株売却しました。

米国株では高配当銘柄中心の投資をしていますので、日本株ではグロース株の発掘も試みています。

とりあえずは、ペット関連銘柄あたりへの投資を模索してみようかと思います。

市場が安定してきたので、2~3日程度の保有を前提とした短期売買も再開してみようと思います。

配当金

5月は米国株の2銘柄から配当金を受領しました。

1月~5月の合計では、62ドルの配当金となりました。

2年後ぐらいには毎月100ドルぐらいの配当金を受領するのを目標に淡々と投資していきたいと思います。

  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月   11月 12月 
VYM     6.5                   
SPYD     6.78                  
VTI 3.99      4.43                 
ABBV    7.44      2.13              
MO  3.78        3.78              
JNJ     0.86                   
MCD     5.63                   
KO       3.33                 
CSCO                        
V                        
RDSB     12.22                   
BP     1.25                   
合計 7.77  7.44  33.24     5.91              

総括

2020年も5か月が終了しましたが、毎月10万円程度の積み立てを継続中です。

5か月間で受領した米国株の配当金は107円で換算すると6,700円程度ですが、これは1日の短期売買で簡単に回収できる金額です。

この配当金が短期売買では大きなリスクを取らないと回収できないような水準に早く達することに思いを馳せながら、6月もコツコツと積み立てを続けて行こうと思います。

NO IMAGE