【定点観測】2020年3月の資産状況

3月は米国市場でのサーキットブレーカーが発動するなど、歴史的な相場を体験することができた1か月でした。

資産状況

米国株

3月も余剰資金の範囲内で淡々と積み立てていきました。

取得株価からは2割ほど下落していますが、まだまだ想定の範囲内です。

銘柄 2月 3月 増減株数 前月比
VYM 908 1,010 +3 111%
SPYD 479 478 +3 100%
VTI 1,053 1,177 +2 112%
ABBV 600 150 ▲ 5 25%
MO 202 187   92%
JNJ 134 133   99%
MCD 971 1,177 +2 121%
KO 374 630 +7 168%
RDSB 579 439 +1 76%
BP 63 48   76%
合計 5,362 5,429 +13 101%

今月は意識的にETFを購入したことで、ETFと個別銘柄の割合が半々程度となりました。

また、ABBVを売却してKOを購入することで、個別銘柄はMCDとKO中心のポートフォリオとなりました。ただ、MCDはコロナ影響を直に受けそうなので少し心配です。

原油価格の急落でRDSBとBPの評価損が膨らんでいますが、中長期的には原油価格は45ドル程度までは戻ると思っていますので、一旦はキープしとこうと思っています。一方で、ポートフォリオに占める割合は5%程度で十分だと思っていますので、当面の追加購入は見送る予定です。

米国株はまだまだ勉強中なので心地よいポートフォリオができるまでは、試行錯誤してみたいと思います。

               

 

日本株

3月も2月に続いて端数株投資は見送りました。

SBIネオモバイルの端数株取引では指値で売買ができないのが思った以上にストレスです。

一方で優待目当てのクロス取引を数銘柄してみました。

意外と労力を使うことが分かりましたので、ほどほどにしたいと思っています。

 

配当金

3月は米国株の6銘柄から配当金を受領しました。

2年後ぐらいには毎月100ドルぐらいの配当金を手にできれば嬉しいです。

  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月   11月 12月 
VYM     6.5                   
SPYD    

6.78 

                 
VTI 3.99                       
ABBV    7.44                    
MO  3.78                      
JNJ     0.86                   
MCD     5.63                   
KO                        
RDSB     12.22                   
BP     1.25                   
合計 7.77  7.44  33.24                   

    

総括

3月も大幅に評価損が膨らんでいく1か月でした。

コロナウイルスの実体経済への影響が大きく出始めるのはもう少し先だと思いますので、余剰資金を確保しつつ相場と向き合っていきたいと思います。

ただ、3か月の乱高下への対応に少し疲れてしまいましたので、ロボットのように積み立てていけるようなメンタルになりたいです。

NO IMAGE