2019年10月の家計簿

前提条件

家計簿をつけるうえでの前提条件を書き出してみました。
● 家族3人(妻:育休中、娘:かわいい)
● 家賃と保険代は給料天引き(5万円)
● 食費以外は、パパの財布から
● 食費と妻の趣味代は、妻の財布から
食費は、妻の育児休業給付金からも一部支払ってもらっています。
 

自転車買いました!

今月の家計簿を〆ました。

前提条件を上記に書きましたが、〆た家計簿のなかには妻が支払った金額は含んでいません。

【2019年10月の家計簿】

食費 31,000
日用雑貨 4,900
交通費・クルマ 31,700
交際費 2,000
水道・光熱・通信費 11,500
その他

24,000

自転車

40,500

合計

14,560

食費は、3万円前後を目指すのが当面の目標になりそうです。

交通費・クルマは、クレカ請求額です。前月のおでかけ回数と高速代が上振れした主な原因です。

水道・光熱・通信費は、「水道がない月+過ごしやすい気候」がこの値段です。

 

その他は、娘の秋服代とおもちゃの1.5万円と趣味代です。

来月からは、こども費用は区分できるようにしようと思います。

趣味代は、競馬とtotoが太宗を占めています。

趣味というよりも、夢をみるための費用です。

 

そして、今月は意外と良い値段の自転車を買ってしまいました!

クロスバイクを購入にしましたが、ちょっとそこまでのおでかけに大変便利です。

本当はGIANTが欲しかったのですが、財布と相談してこの値段で買える商品にしました。

 

今月は自転車を購入しましたが、この程度の大型出費は毎月発生しそうです。

自転車を除けば前月と同じぐらいの水準なので、保守的に見積もると、給料天引き分をあわせて月の支出は20万円前後です。

妻の支出を合わせると25万円程度でしょうか。

 

家族3人の支出が25万前後が高いかどうかは分かりませんが、残業代と育児休業給付金がなければ厳しい水準です。

今月は年末調整手続きをしたのですが、保険代が結構高いことに気づいてしまいました。

保険内容と金額を整理したうえで、契約の見直しを検討してみようと思います。

 

NO IMAGE